オスグッドとは?

10~15歳の発育期(10〜15歳前後の小・中学生)のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。脛骨粗面に疼痛と骨性隆起が起きます。

スポーツをしているお子さんに発症

オスグット病は、スポーツ活動を起こっていない子どもたちにも発症しますが、活発なスポーツ動作、ジャンプの着地動作や走る加減速を繰り返すサッカー、あるいはジャンプ動作の多いバレーボールやバスケットボール、野球、陸上選手に圧倒的に多く見られます。

本当の原因は何なのか?

オスグット病は、急激な骨成長と筋肉、腱の成長のバランスの不均衡による大腿四頭筋、膝蓋骨、膝蓋腱、そして腱の付着する脛骨結節部からなる膝伸展機構が過緊張状態となることで痛みの原因と思われてきました。

アクシスメソッドでオスグッドの痛みが消える?

この原因はアクシスメソッドで中心軸ができることで、瞬時にその場で消えるのです。

オスグッドの本当の原因

考えるにオズグッド病は、中心軸がない状態、身体が歪んだ状態で走ったり、ジャンプ動作、ダッシュの繰り返しをすると発症します。

ご予約・お問い合わせはこちら

お問合わせはこちら