投球動作外来はじめます。

今まで整形外科等で、野球肩、肘の痛みがなくなって、

投球開始したら、また「痛み」が再発してませんか?

どうして「痛み」が消えたのに、

ボールを投げたら痛くなったのでしょうか?

それは、肩と肘に負担がかかる投球フォームだったからです。

そうです!

「野球肩と野球肘の原因の多くはフォームにあり!」なんです。

ではフォームのどこをチェックしていくか!?

アスリートサポートセンター名古屋では、

『軸足』からフォームを作っていきます。

『軸足』を正しく使うことはテクニックではなくて、

ピッチングでもバッティングでも原理原則なんです。

よく選手の数だけ指導方法がある!

みたいに言われてますが、

テクニックは数多あれど、

『軸足』の正しい使い方は一つしかありません。

『軸足』の使い方がわかると、

ご両親の方も、指導者も結果で一喜一憂しなくて

「結果は残念だったけど、フォームが良かったから次は大丈夫!」

と伝えれますし、選手の状態もわかりアドバイスもできます。

ご予約、お問い合わせは電話からお願い致します。

クガ接骨院/アスリートサポートセンター名古屋

052-481-6639

彼は二刀流を目指しています。そこについては次回で!

The following two tabs change content below.
久我徹
アクシスメソッドグランドマスタートレーナー 疲労回復協会認定会員 BFRトレーナープロ NPO法人東大スポーツ健康マネジメント加圧トレーニング特定資格者 日本パラメディカル研究会会長

ご予約・お問い合わせはこちら

お問合わせはこちら